これからの社会で求められる
エッセンシャルアビリティをオンラインで 

2020年、新型コロナウィルスの脅威により、新人研修のあり方が大きく変わりました。これからの急激な時代・社会変化に対応していくためには5つのエッセンシャルアビリティが求められます。Reassoのオンライン研修は時代・世代のニーズに合った研修設計・コンテンツ用いることで学習効果の高く感染リスクゼロの安全な研修提供が可能です。

オンラインで体系的・効果的に

オンラインで難しいとされてきたワーク・ディスカッションなどの参加型研修コンテンツを心理学、脳科学、教育学の見地より学習効果(行動変容)にこだわり実現。

小手先のスキルではなく、本質的な領域を体系的に組み合わせたプログラムをご用意。

また感染症対策に気を取られることなく、一人ひとりが楽しみながら、成長を実感できる環境と研修効果を提供致します。

早期戦力となる自立型人材へ

やってみる、振り返るこのサイクルを丁寧に、幾度となく回すことで、思考法が身につき、思考変容に結びつきます。思考変容に自ら気付き、自ら思考・行動をコントロールできる様になることで、行動変容につながります。

このラーニングサイクルを身に着けることが、研修後の継続的な成長、現場での活躍を実現します。

現場での育成へのブリッジ

採用面接、社内面談では収集不可能な受講生の豊富なアウトプット(研修前、研修後)を育成・マネジメント資料としてご提供。

資料の活用方法、受講生個々の育成課題を詳細にフィードバックすることで、継続的な成長のサポートを行います。

導入の流れ

1. 適性診断の受検

受講者のみなさまには、事前に適性診断(無料)を受検して頂きます。

2. 受験結果のご報告/事前取材

受講者のみなさまの特徴を定量的なデータアウトプットを元に、ご報告。さらに採用・教育担当者さまへのインタビューにより、定性的な情報も把握します。

3. 研修の実施

定量データを考慮しながら、コミュニケーションを調整し、研修にて学びの提供・気付きの抽出を行います。また、定量データとの乖離等がないか、行動観察も同時に行います。

4. フィードバック

行動観察データに基づき、育成、マネジメントにお役立ていただけるよう、データをまとめてご報告いたします。