3.関係性を高めるにはまず自己理解から ~セルフアウェアネス~

クルト・レヴィンの法則にのっとって、環境を整えることの重要性をお伝えし、さらに環境=組織・部署を整えていくには成功循環モデルの『関係の質』から高めていくことの重要性をお伝えしました。今回お伝えしていく内容は、『関係の質』の高め方についてのポイントを解説致します。 新入社員の定着のみならず、組織として成果を持続的に高めていくためのアプローチにもなりますので、ぜひ、最後まで読んで新入社員のオンボーディング、組織力の向上の参考のヒントにしてもらえたらと思います!

記事を見る

2. 新入社員の定着・活躍は組織の関係性から始まる!ダニエル・キムの成功循環モデル

前回に引き続き、新入社員の定着率を向上させていくために重要なポイントの解説をつづけていきたいと思います。 前回お伝えしたのはクルト・レヴィンの法則にのっとって、環境を整えることの重要性をお伝えしました。 今回お伝えしていく内容は、『環境を整える』とは具体的にどういうことなの?という部分です。 新入社員の定着のみならず、組織として成果を持続的に高めていくためのアプローチにもなりますので、ぜひ、最後まで読んで新入社員のオンボーディング、組織力の向上の参考のヒントにしてもらえたらと思います!

記事を見る

【人事担当者必見】新入社員の定着率を飛躍的に向上させる理論と施策とは?

組織の未来を担う新入社員の活躍は、もはや本人の能力次第ではない! 近年、企業にとって人材確保と育成は喫緊の課題であり、特に新入社員の定着率向上は、事業の持続的成長を支える重要な要素となっています。しかし、多くの企業が依然として高い離職率に悩まされており、さらに新入社員のおよそ4割が入社時に既に転職サイト登録しているという驚愕のデータまで出ています。 本記事では、新入社員の定着率を飛躍的に向上させるためのオンボーディングの考え方や理論を、人事のプロが徹底解説します。

記事を見る

人気記事ランキング

タグ一覧